Hakodate Research Center for Fisheries and Oceans

〒040-0051 函館市弁天町20番5号
TEL0138-21-4600 FAX 0138-21-4601

お問い合わせフォーム

入居者紹介

221号室

教授 安井 肇

国立大学法人北海道大学大学院水産科学研究院
国立大学法人北海道大学大学院水産科学研究院
連絡先:
TEL 0138-40-5532(海洋生物資源科学部門・海洋共生学分野)
関連リンク:
北海道大学大学院水産科学研究院・ 大学院水産科学院・水産学部
本社等所在地:
札幌市

本センターにおける主な研究テーマ

  • ・北海道産メガベントスにおける増殖生物学と海洋共生学

研究の概要

北海道産メガベントスにおける増殖生物学と海洋共生学

優れた機能性を有する北海道産大型海藻類の研究
北海道産寒海性メガベントス(チョウザメ、棘皮動物、大形海藻など)を素材とし、高機能性成分を高濃度に含むメガベントスの自立型バイオファーミング技術開発、それに伴う産業創出と産学官連携型人材育成システムの開発

研究が目指す成果

○学術振興の観点から目指す目標
寒海性メガベントスに含まれる多様で特殊な成分については、昔から体に良いとされてきたが、その成分についてあまり研究されてこなかった。近年、これらに含まれる成分の有効性が認められた。今後、これらの有効成分を臨床的に実証することで、健康食品・美容製品・医療品の開発と製品化につなげ、これらが多産する新しいバイオファーミング理論を構築することを目標とする。

○地域振興の観点から目指す目標
北方海域には、他の海域に比べ非常に優良な成分を含むメガベントス(大型底生魚介類)が存在する。これら北方海域に埋もれている高価値有用資源の発掘、資源増幅生産物のブランド化を図り、メガベントスのバイオファーミングモデルを形成することで食、美容、健康、生命を支える技術開発拠点の形成とそれに伴う産業創出と産学官連携型人材育成システムの開発を目指す。